烏賊の塩辛が見に行った映画や展覧会の感想など、日々感じたことを徒然に書いていきます。


by ika-no-shiokara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2006年 02月 19日 ( 1 )

マーラー 交響曲第9番

鎌倉芸術館で、マーラーの交響曲第9番を聴いた。

チョン・ミョンフン指揮、東京フィルハーモニー交響楽団。
コンサートの前に、公開リハーサルがあった。チケット購入者の他、小学生~高校生200名が無料で招待されたため、子供の姿が目立った。リハーサル自体は、同じ曲を2日前にオーチャードホールで演奏したばかりということもあり細かい指示が少しあった程度で、ホール(鎌倉芸術館)の響きに慣れることを主眼としているようだった。リハーサルの後半は、質問タイム。子供たちから驚くほど積極的に質問が出た。Q「マエストロはどうしてピアノをやめて指揮者になったんですか?」A「ピアノは難しすぎると思って指揮者になったんですが、最近指揮者もピアノに劣らず難しいことがわかってきました。」Q「一番好きな曲を教えてください。」A「難しい質問だけど、今日のマーラー第9番は歴史上最も優れた曲。ベートーベンの第9やブラームス第4と同様、この曲は芸術として第1級であるばかりでなく作曲者の人生そのものを現している。だからこの曲にしておきましょう。」Q「学校で校歌を指揮するんですが、指揮をするのに大切なことは何ですか?」A「みんなのテンポを合わせるのは当然ですが、何より大切なのはみんなの音楽的スピリットを引き出してあげること。」等々、マエストロが子供たちの率直な質問に時にユーモアを交えながら真摯に答えていた。

さて、コンサートだが、一言すばらしい演奏だった。弦楽器も管楽器も各パートがくっきりと浮き出ていて、大編成のオーケストラにもかかわらずよくまとまっていた。マーラーの交響曲第9番は、CDなどでは数え切れない回数を聞いているが、やはり実演で聴くに勝るものは無い。しかし何と巨大な曲なのだろう!
マーラーの曲を聴くたびに、「美」「狂気」「死」という言葉が心をよぎる。マーラーが精神を病んでフロイトの診断を受けたことは有名だが、これほど巨大な作品を作ろうとすれば気が変になってしまっても当然の気がする。ベートーベンを始め先人たちが交響曲を第9番までしか作れなかった歴史から逃れるために、第8交響曲のあとの作品に「大地の歌」というタイトルをつけたのだが、結局その後作成した第9交響曲の完成の翌年に彼は世を去り、宿命から逃れられなかった。私は普段、音楽を聴くときに人生の意味を求めたり、救いを探したりすべきではないと思っているが、この曲を聴くときにそんなことを一切忘れて聴けるかと言われれば否と言わざるを得ない。良くも悪くも、マーラーの人生の総決算だったのであり、またヨーロッパの近代音楽の頂点に位置するものだから。
そんな大変な作品を全身全霊で受け止めて演奏する人々。それを聴く人々。私もその中に入りこみ、渦巻く時間の流れに身を委ねた。最後に第4楽章が静かに終わったとき、静寂がいつまで続くかと思ったが、一瞬後には割れるような拍手に包まれていた。
[PR]
by ika-no-shiokara | 2006-02-19 23:58 | クラシック音楽