烏賊の塩辛が見に行った映画や展覧会の感想など、日々感じたことを徒然に書いていきます。


by ika-no-shiokara
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

神奈川県立音楽堂でモンテヴェルディのオペラ「オルフェオ」を観た。

今から約400年前の1607年にイタリアのマントヴァで初演されたこのオペラ(音楽寓話劇favola in musica)は、オペラの歴史の始まりとされる作品だそうだ。ギリシャ神話から題材を取ったこともあり、古臭いお芝居なのかと思いきや、さにあらず、とても新鮮な感動を与えてくれた。

上演に先立って演出の伊藤隆浩氏と指揮の濱田芳通氏による「対談」があった。県立音楽堂では、数年前から「音楽堂バロック・オペラ」と称して伊藤氏の演出によるオペラを上演しているが、今回が3作品目の挑戦のようだ。他方、濱田氏は昨年、同じモンテヴェルディの「ヴェスプロ」を東京カテドラルで聴いて以来、私にはおなじみとなった方。
伊藤氏の話では、「オルフェオ」には総スコアが無く、声楽と通奏低音のみの楽譜からオーケストレーションを推測して再構築しなければならないとのこと。伊藤氏は本上演に先立って5種類ほどCDを聴いたが、全て内容が異なっていたという。その意味で、この作品の上演は、既に出来上がってしまった古典の再現、というよりも、作品の創造的な再構築の意味合いが強いのではないかとの印象を受けた。また今回の舞台はオーケストラ・ピットを設けず、歌手が演技する横でオーケストラが演奏する。これは古楽器の音が小さいことをカバーするためだけでなく、古楽器の演奏を観客に見せること自体が演出なのだという。

対談が終わり、演奏者が舞台に揃ったところで、ホールのデフォルトのブザーではなく、ホール後方から管楽器によるファンファーレが響く。心憎い演出か。さらに、オペラが始まる前に王と王妃の扮装(と思われる)の役者が客席の1番前の席に着席する。後でプログラムの伊藤氏の文章を読むと、観客全員に衣装を着せたかったと書いてあったから、伊藤氏として精いっぱいの工夫といったところか。

オペラは25分の休憩を含めて約3時間の上演だった。オルフェオとエウリディーチェの物語は、日本のイザナギ・イザナミの物語にまで影響を与え、人類の普遍的な物語の1つだと思う。オルフェオの妻に対する愛の強さと、誘惑に駈られて妻の顔を見てしまうという弱さ。相矛盾するものを兼ね備えているのが人間なのだろう。この物語が古さを感じさせないのも、そんな普遍的なテーマを持ったものだからだと思う。また、モンテヴェルディの音楽も全然古さを感じさせない。小さな編成だったこともあるのか、とりわけパーカッションの響きがズシンとお腹に響き渡り、とても印象的だった。オルフェオを演じた春日保人氏は、歌も演技もすばらしかった。春日氏の表情を見るだけで何を言っているのかがわかり、イタリア語の原語で演じていることを忘れさせるような、そんな演技だった。

400年前の作品を演奏することが、こんなにもエキサイティングなのか、と驚かされた舞台だった。
[PR]
by ika-no-shiokara | 2008-01-20 21:56 | クラシック音楽