烏賊の塩辛が見に行った映画や展覧会の感想など、日々感じたことを徒然に書いていきます。


by ika-no-shiokara
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:バッハ ( 2 ) タグの人気記事

横浜みなとみらいホールで、バッハのマタイ受難曲を聴いてきた。

バッハの最高傑作であり、西洋のクラシック音楽の1つの頂点を極めたと思われるバッハの「マタイ受難曲」。これをドレスデン聖十字架合唱団とドレスデンフィルが横浜で演奏するというので、半年前から主催者の神奈川芸術協会に申し込んで、最良の席を確保して楽しみに待っていた。

マタイによる福音書を元にイエス・キリストの受難と復活を描くこの大曲は、全曲を演奏するのに3時間もかかり、5人の独唱者と合唱団・オケが必要となるから、生半可なことでは演奏する側も聞く側も持たない。
体調にも気をつけ、開場の少し後に満を持してホールに入る。ロビーで1000円のプログラムを手にとっったが薄っぺらだったので購入せず。でも最近はオペラなどでよく見るようになったが、舞台左右に大きな液晶表示板が設置されており、非常に理解を助けてくれたので、これで正解だったようだ。

よくクラシック音楽はキリスト教徒でない日本人にはわからないと言われたりするが、私は普段はそんな気はしない。だが、「マタイ」を前にすると果たして自分にこの曲が理解できるのか慄然とする。曲自体はCDで何度も聞いたことがあるし、内容もある程度は学生時代にキリスト教の勉強をしていたのでわかっているつもり。でも、非キリスト教徒として、イエスの受難と復活を描くこの曲をどんな気持ちで聴けばよいのか。普段なら、音楽として楽しめば良い、と答えるのだが、やはりこの曲にはただ「楽しむ」だけではない、もっと崇高なものがあると思う。信仰が無いものにとっても、その崇高なものに近づけるのだろうか。演奏を聴きながら、その音楽に感動しながらも、そんなことを考えていた。だが、イエスが「エリ・エリ・ラマ・サバクタニ」と叫んで、福音史家がイエスの死を静かに告げた場面、そして最後に合唱が「われらは涙流してひざまずき」と歌った場面では確かに宗教的な感動を覚えた(ように思われる。)

合唱団は、少年期のみに可能な「天使のような」やわらかい声で荘厳な音楽を支えていた。
福音史家のマルティン・ペッツオルト氏は貫禄十分の風貌で、時に厳かに、時にかぼそく、様々な表現を駆使して聖書のことばを伝えていた。他のソリスト達も素晴らしかった。(やはりCDで聞くのと違って、福音史家・イエス・ユダなどが順に各ソリストに歌い継がれるのを視覚的にも確認でき、ドラマチックな感じがよく伝わった。)
舞台中央に座っていた、チェロを少し小さくしたような楽器は何だろう。時にソロで特徴ある音型を奏でるその楽器が印象的だった。

コンサート形式なので仕方ないのかもしれないが、最後に拍手を送るのはこの曲の演奏に似つかわしくないのではないか。第1部が終わって途中休憩に入る時にも拍手などしなければよいと思った。(時にやられていると思うが、主催者側であらかじめ拍手を控えるようにアナウンスしておけばよいと思う。)

会場で久し振りに知人にあった。以前にドイツに赴任していた際にドレスデンで同じ「マタイ」を聴いて感動し、私と同じように半年前からこのコンサートをわくわくして待っていたようだ。やは誰にも通じるり普遍的な感動はあるのだと思った。
[PR]
by ika-no-shiokara | 2007-02-25 10:22 | クラシック音楽
横浜・山手のベーリックホールでバッハを聴いた。

山手プロムナード・コンサートと題するコンサート・シリーズが年3回横浜市内で開かれている。このブログでも1年程前にこのコンサート・シリーズがみなとみらい小ホールで行われた際にブランデンブルグ協奏曲を聴いたことを書いた。今回はそのシリーズ名の通り横浜・山手にある洋館での開催となると言う。とても楽しみにして家を出た。

みなとみらい線元町・中華街駅で降り、ちょっと時間的に余裕があるので谷戸坂を上ってみなとの見える丘公園に夜景を見にいく。5年ぶりぐらいだろうか。久し振りに展望台から下を見下ろすと以前は倉庫が並んでいたと記憶していた公園の崖下一帯にマンションが林立しているのに驚いた。そこから山手ゲーテ座をやりすごし外人墓地を横目に見つつ山手本通りを進んでいくと、ほどなく目的地の洋館に到着した。
ベーリックホールと呼ばれているその洋館は、昭和5年にイギリス人の貿易商の私邸として建設された。戦後はセントジョセフ・インターナショナル・スクールの寄宿舎として使用されたが、同校の廃校後横浜市が買収して2002年から一般公開したという。私邸にしてはかなり大きな建物で、広い敷地の中にあった。初めて中に入るのでちょっと感激だ。

建物の中に入ると、1階の居間の暖炉前にチェンバロが置かれ、調律師の方が準備に忙しくしていた。チェンバロのすぐ前からもう座席だ。私は2列目正面の席を確保した。こんな近くで聴けるなんてラッキーだろう。(尤も後で話題になったが、左側のチェンバロの鍵盤がよく見える席も捨てがたかったことがわかった。)今日の曲目はバッハのゴールトベルク変奏曲。私だけではないと思うが、この曲はグレン・グールドのピアノによる演奏の印象が深くて、今日のようにチェンバロで聴けるのは逆に(というのも変だが)楽しみ。演奏は、前回の記事に書いた「ピアノの歴史」のプロデューサーでもある渡辺順生氏。配布されたプログラムに渡辺さんが詳細にこの曲の構成を解説してあるのを読みながら、開演を待った。

時間となり、司会進行役の浅岡聡氏が登場。浅岡さんの司会のコンサートを始めて聴いたのが、去年の山手プロムナードコンサートだったが、その後何回か同氏の司会のコンサートにも出かけたので、すっかりファンになった。去年のコンサートでは浅岡氏自らリコーダーを演奏したことも思い出す。
今回はアリア(2回)と30の変奏曲からなるゴールトベルク変奏曲を4つの部分に分け、間に解説と雑談(?)と休憩をはさみながら進めていった。グールドのCDでは各変奏曲を1回ずつ演奏していたと思うが、今回は(むしろこちらが普通だろうが)原則2回ずつ繰り返したので、1時間を遥かに越える演奏時間となり、このようにしないと演奏者も(たぶん聞く側も)持たないのだろう。(休憩時間にチェンバロの調律もやり直していたので、そういう理由もあるのだろうか。)クラシック音楽の造詣も深い浅岡氏の司会は、プロのアナウンサーらしい要点を押さえたわかりやすい説明でとても好ましい。複雑なゴールトベルク協奏曲の構造に関する渡辺さんの解説を浅岡さんがうまく咀嚼して説明するので、横で渡辺さんもにこにこしながら聞いている。浅岡さんが第29変奏が2つの民謡を元にしている話題に触れると横で渡辺さんがチェンバロでメロディーを奏いてみたり、という具合で楽しく話と曲が交差して進んでいく。

どうも話を聞いていると、この曲はバッハの卓越した職人芸によるものではあるが、同時に「遊び心」に溢れるものでもあったようだ。この曲が「不眠症に悩むカイザーリンク伯爵の注文に答えて作曲された」との逸話はどうやら事実ではないようだが、バッハがこの曲をどういう気持ちで作ったか考えるとむしろ「また寝られなくなっちゃう」かもしれない。

それにしても、山手の洋館のサロンで演者から2メートルと離れない場所で人類の至宝たるバッハの名曲を聴くとはなんと贅沢なことだろう。しかもリーゾナブルなチケット代でだ。演奏が終わって余韻に浸りながらこの洋館を後にした。
[PR]
by ika-no-shiokara | 2007-01-28 09:12 | クラシック音楽