烏賊の塩辛が見に行った映画や展覧会の感想など、日々感じたことを徒然に書いていきます。


by ika-no-shiokara
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:井上ひさし ( 3 ) タグの人気記事

世田谷パブリックシアターでこまつ座&シスカンパニーの「ロマンス」を観た。

井上ひさしの新作になる「ロマンス」を6人の名優たち(大竹しのぶ、松たか子、段田安則、生瀬勝久、井上芳雄、木場勝己)が演じるという贅沢な企画。先日観た「紙屋町さくらホテル」ですっかり井上ひさしのファンになった私。チケットがとれずがっかりしていたところ補助席が追加発売されたとのことで、何とか観劇することができた。(3階席の一番舞台寄りの席だったが、死角もなく十分楽しめた。)

「紙屋町~」でも「築地小劇場」以来の日本の新劇のありかたについて、井上ひさしが強い問題意識を持って考えていることが感じられた。井上はその延長上で、新劇草創期の人々に強い影響を与えたロシアの演劇(チェーホフの戯曲やスタニスラフスキーの演劇理論)を格闘の対象にしたのだろう。井上は自らの演劇論を舞台の登場人物としてのチェーホフのセリフとして語らせる。チェーホフの演劇は本来、彼が学生の頃から見て楽しんだヴォードヴィル(アメリカのヴォードヴィルとは違って、面白い筋立て、演劇的からくりを仕組んだ芝居のこと)を受け継いだ、コメディーであった。それをスタニスラフスキーたち「モスクワ芸術座」の人々は悲劇に変えてしまった。舞台上のチェーホフはスタニスラフスキーをこう言って罵倒する。(この部分が井上の一番言いたかったことなのだろうが、あまりにシリアスになるのを防ぐために道化として文豪トルストイを登場させる。なんとも滑稽なトルストイ像だが、ずいぶんとその場を和ませてくれた。)

井上は、この主張をこの「ロマンス」という芝居の中で体現しようとした。芝居の構成はヴォードヴィル仕立て。舞台の規模は最小限にして、6人の俳優たちにいろいろな役を演じさせる。主人公のチェーホフについては4人の俳優に少年期から晩年にいたるまでを交代で演じさせる。何とも意欲的なアイデア。台本は例によって初日の2日前に完成したと言うが、演出の栗山民也とベテラン揃いの6人の俳優たち(何と贅沢な顔ぶれ!)でなければこなせなかったのではないか。

それにしても、井上ひさしが自らの課題に真っ向から取り組む姿勢には驚く。正直、コメディーを目指すなら楽しいだけの芝居ならいくらでも書けるのに、こんなシリアスな主張とコメディーを両立させるだなんて、自分をわざわざ難しい状況に追い込むだけのような気もする。そんな困難な目標に真っ向から取り組み、井上はこの芝居に多くの見せ場を作った。たとえば、大竹しのぶ演じる老婆が、医師であるチェーホフを欺いてお金を巻き上げる場面。また、「何事ももっと悪いケースを考えれば楽観的に考えられる」というトルストイのアドバイスを受けた後で、木場勝己のチェーホフと大竹しのぶのオリガが床に寝っ転がりながら、冬の間2人がモスクワとヤルタで別れて生活せざるを得ない状況を前向きに捉えようと仲良く話し合う場面。大竹しのぶがパンフレットに「井上作品は見終わった後に本当に温かい気持ちになる。人間として真面目に生きていきたいと考えさせてくれる。」と書いている通りだ。ただ、やはりちょっと頭でっかちというか、シリアスな主張が共感を持って受け止められるというところまでには行かなかったように思う。それは、私がチェーホフの戯曲やヴォードヴィルの伝統というものにあまり馴染みがなかったからかもしれない。

井上ひさしの新作をリアルタイムで見ることができる幸せを感じた一日だった。
[PR]
by ika-no-shiokara | 2007-09-02 17:55 | 演劇/ダンス
井上ひさしの「キネマの天地」を杉田劇場で観た。

先日「紙屋町さくらホテル」を観てすっかり井上ひさしの芝居に感激してしまったのだが、私の地元からほど近い杉田劇場で井上氏の芝居が上演されるというので、喜び勇んで出かけた。

杉田劇場は、かつて美空ひばりが初舞台を踏んだという同名の劇場から名をとっているが、数年前にJR新杉田駅前の再開発に伴って建設された、横浜市の磯子区民文化センターの愛称である。今日は「横浜演劇祭」の一環で、劇団「葡萄座」が井上氏の「キネマの天地」を演じたもの。劇団葡萄座はアマチュア劇団だが、60年の歴史を持つという。プロと比べると可哀そうだが、電子メールで予約すれば1500円のチケットはお値打ちもの。空席が目立つのがもったいない。

「キネマの天地」は昭和初期の松竹蒲田撮影所を舞台に、4人の映画女優と映画監督・助手、そして歌舞伎役者あがりの売れない役者が登場する、コメディタッチの作品である。フーダニットの謎解きもあるので、あまりここでは筋を明かすことはしないが、女優たちがライバルを蹴落とそうと張り合う中に、映画全盛期を支えていた彼女たちの気概が感じられる、映画讃歌となっている。同じ題名で1986年に映画も作られており、井上ひさしも脚本を担当しているというので、てっきり映画と同じ話かと思ったら、まったく異なるストーリーだった。(田中小春という女優はどちらにも登場するが。)

映画であれ演劇であれ、クリエーターとしての自負心を持った女優たちが生き生きと演じている姿は、時空を超えて観客たちを魅了する。ここでも「紙屋町さくらホテル」とは違った形ではあっても、演劇への愛情を感じさせられる。やはり井上さんは芝居が好きなんだな、と思った。
[PR]
by ika-no-shiokara | 2007-05-29 00:00 | 演劇/ダンス
六本木の俳優座劇場でこまつ座の「紙屋町さくらホテル」を見た。

「ひょっこりひょうたん島」で育った私にとって井上ひさしは子供のころからなじみの存在だったが、劇場で彼の作品を見たのは初めて。というか、元々観劇の習慣がなかった私が最近芝居を見るようになったので、一度は井上ひさしの作品を見てみたいと思ってチケットを買ったのだ。

井上さんの作品だから素晴らしいものだとは思っていたが、事前に下調べをすることもなく劇場に行って驚いた。これは誇張でなく後世まで残る傑作ではないか。普遍的なテーマがいくつもあって重たくなりそうな芝居を、エンターテインメント的要素もちりばめて楽しめる作品にしている。3時間を超える大作だが、観客を飽きさせない。芝居が終わって観客が感激してスタッフにお礼を言っていたのが印象的だった。

本作品は、演劇とは何のためにあるのかということを、国家権力との関係を絡めて問うていると思う。元々本作品は、10年前に新国立劇場が出来た時のこけら落としのために作られたという。新国立劇場の設立は、オペラや演劇・ダンスなど西洋渡来の舞台芸術を担っていた関係者にとって長年の夢の実現であった。だが、戦前の国家権力からの弾圧・統制の記憶が消えていなかった人々にとっては、国家による興行はうさんくさいものに感じられたのだろう。井上ひさし氏はそのような認識の元に、戦前の悲しい歴史(国策の宣伝のための移動演劇隊の1つとして「桜隊」が作られ広島で活動していたが、原爆により壊滅してしまう。)をテーマに選んだ。1945年5月の広島を舞台に、桜隊を率いる丸山定夫・園井恵子、日系二世の旅館経営者、隠密行動中の海軍大将と彼を追う陸軍大佐、教え子を戦争で亡くした言語学者達の出会いというフィクションを作り出し、彼らに様々な重いテーマを語らせた。丸山と園井は、築地小劇場を起こした小山内薫等の言葉を引用しながら、演劇論を展開する。役者は農民のように作物を作るわけでも商人のように物を運ぶわけでもない役立たずの河原乞食に過ぎないと言われて、でも役者は舞台の上で農民にも商人にも何でも成れる、役者はだから心がきらきらしている人間にしか成れないんだ、と反論する。国家の方針の元で移動演劇隊を組成していた彼らだったが、誇りを捨てずに演劇に対する情熱を語る彼らにより、素人の寄せ集めに過ぎない桜隊の人々は芝居の成功のために次第に心を一つにしていく。特高の刑事も、海軍大将も、そして最後まで批判的だった陸軍大佐にしても、この広島での出会いによって人生観が変わったはずだ。(尤も、海軍大将と陸軍大佐以外の人々は、その3ヶ月後に原爆に遭ってしまう運命なのだが。)それが、演劇とは何かという問いへの一つの答えになっているのだろう。

暗いテーマを救っているのは、宇野誠一郎氏の音楽だ。芝居の各所にちりばめられた音楽は、井上氏の巧みなせりふ回しと協演して、いつしか観客の涙腺を開きっぱなしにしてしまう。演劇は素晴らしい、音楽もまた素晴らしい。GW後半の初日にとても良いものを見せてもらい、とても幸運だった。
[PR]
by ika-no-shiokara | 2007-05-04 11:03 | 演劇/ダンス